慢性腰痛は鍼やマッサージで治る?

一生のうち誰しもが経験するであろう腰の痛み

痛みが取れず慢性化してしまった慢性腰痛は出来れば治したいけれど・・・

と思いながらも生活するのに支障がなく過ごせているので、なんとかうまく付き合っていこうというスタンスの方が多いと思います。

鍼やマッサージで治るのか?

慢性腰痛がどんな状態、どんな症状か、を理解すると治すものではなくてうまく付き合っていく症状だということがわかります。

治したいのであれば、気をつけること、注意する点を理解して治療法、セルフケアに取り組むのがオススメです!詳しく紹介していきます。

この記事でわかること
  • 慢性腰痛ってどんな状態でどんな症状か
  • 慢性腰痛の治療法・コンディショニングについて
  • 自分でできるセルフケア方法
もくじ

慢性腰痛ってどんな状態でどんな症状?

急性腰痛は骨折やヘルニアなど立てなくなるような激痛を伴う腰痛

一方で慢性腰痛は痛くなってから、あるいは傷めてから随分と期間が経っても痛みが続く腰痛です。

慢性腰痛は病院で検査を受けてもはっきりとした異常所見が見られない腰痛(原因不明のもの)のことをと呼ばれたりします。

背骨を専門に診るクリニックの先生曰く、原因のわかる腰痛は全体のわずか約15%だそうで、残りの85%は原因不明

つまり85%の腰痛が慢性腰痛というカテゴリーに入ります。

慢性腰痛の特徴や症状

慢性腰痛常に痛みがあるものの、激痛ではないので、気になるんだけれど生活に支障が出るほどの痛みではない場合がほとんど。

多くの場合は、姿勢が崩れてしまうことによって起こる疲労性の痛みです。

  • 無理な姿勢を続ける職種
  • 偏った姿勢で楽しむような趣味を持っている
  • デスクワークで座っている時間が長い

という方に多い症状です。

腰のまわりの筋肉が過度な疲労状態に陥っていることで重い鈍痛が出ます。

鈍痛は疲労しているよ!のサイン

身体の筋肉が疲れていると体が重だるくなったりすることがあると思います。

腰に感じる鈍痛はその一種で、腰の筋肉が「疲労が溜まってますよとサインを出している状態です。

慢性腰痛を放ったらかしておくとどうなる?

慢性腰痛の段階では単純な腰のまわりの筋肉の疲労状態で済んでいます。

ただ、疲労の蓄積した状態を続けていると、やがてそれがきっかけで急性腰痛を起こす可能性があります。

筋肉の疲労状態が続くことで起こる可能性がある腰痛は

  1. 筋肉に起こる腰痛
  2. 背骨の関節におこる腰痛
  3. 軟骨からヘルニアが出る腰痛
  4. ヘルニアが出て痺れや知覚異常を伴う腰痛

があります。

①〜④のどれも激痛です。

筋肉でとどまったとしても激痛で、①と②〜④は紙一重。

疲労した状態を放ったらかしておくと、いきなり④の腰痛が起こる可能性はゼロではありません。

起こり得ます。だから要注意なのです!

傷めてからでは遅いのが腰痛

傷めてから悔やむ方がとても多いですが、傷めてからでは遅いのが腰痛です。

腰は身体の土台なので、腰が痛かったら本当に人間何もできません。動けません!

充分すぎるくらいのケアをしておくのが理想です!

慢性腰痛の治療法・コンディショニングについて

しつこいようですが、慢性腰痛は筋肉の疲労であることがほとんど。

疲労の原因となる、作業や趣味、お仕事をやめるのは無理なので、疲労が溜まる前提で疲労を取る習慣を作ることが大事です。

当店で行う治療法

慢性腰痛で疲労やコリが腰の奥深くにある場合は鍼治療がオススメです。

深部のコリを揉み解そうとすると、表面の筋肉に負担をかけすぎてしまい、揉み返しの原因にもなります。

まずは鍼治療で深部のコリをとってから表面を揉み解すのがオススメです。

定期的なメンテナンスで疲労を取るコンディショニング

ちょっと腰が重いかも、そんなタイミングで施術を受けるのがベスト!

マッサージやストレッチ、鍼灸やストレッチポールを使って全身を整えるコンディショニングコースがオススメです。

腰に関係する足の筋肉の疲労もとると全体的に身体の軽さにもつながって全身の調子が上向きますよ!

コンディショニングを受けてみよう!という方はコンディショニングコース60分がオススメです。

おすすめのセルフケア法は?

当店でおすすめしているセルフケアは

  • ストレッチ
  • ストレッチポール
  • 軽い運動
  • しっかり湯船に浸かって身体を温める

といったことを紹介しています。

特に、湯船に浸かって身体を温める、というのは常日頃からやろうと思えばすぐに実行できますよね。

疲れた時ほどすぐに寝たい、と思いますが、お風呂の湯船に浸かって身体を温めてから寝たほうが腰の筋肉の疲労は取れやすいですよ!

まずは気軽にできるところから始めましょう!

ストレッチやストレッチポールを使ったエクササイズは施術を受けた後に今の身体に合わせたものをお伝えします。

正しく行うことがポイントです。

動きが良くなったり、疲れが取れやすくなるともっともっと!とオリジナルでアレンジしがち。

間違った方法で行うと逆に傷める可能性があります。そうならないように気軽に聞いてくださいね!

最後に

傷めて身動きが取れなくなってしい安静にしておかざるをなくなると、結果的に筋肉量の低下にもつながります。

常にアクティブに動くことが腰痛予防だったり、筋肉量の低下の予防になります。

セルフケアの前に施術を受けてご自身の身体の状態を把握しておくのもおすすめ!当店ではご自宅でできるストレッチや軽い運動など状態に合わせてご紹介します。

今より未来のご自身の身体のことを考えて今から動く、という行動を是非起こしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつまでも健康でアクティブに!
あなたがココロからしたいことをたのしめるように☆そんな”たのしめる”身体づくりとココロの
サポートをします☆
ボディコンディショニング
美容鍼・自然療法でサポート!
地下鉄東山線「上社」駅から徒歩1分の名古屋市名東区上社にあるフラット鍼灸院です。
お身体の不調やお悩みなど
気軽にご相談ください!

もくじ
閉じる